純酒粕酢 三ツ判 山吹 500ml〈山吹コーラレシピ付き!〉

純酒粕酢 三ツ判 山吹 500ml〈山吹コーラレシピ付き!〉

  • ¥756
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


和食通、寿司ラバーはみんな知ってる江戸赤酢!

三ツ判 山吹は、三年熟成した酒粕から作った「純酒粕酢」です。

江戸時代に江戸前寿司ブームを巻き起こすきっかけとなったこの粕酢は、飴色の深い色あいからから赤酢とも呼ばれ、現代では主に首都圏で老舗のお寿司屋さんで使われています。
江戸時代からの伝統製法を活かし、熟成させた酒粕のみを使用しているため、旨味が濃厚で、酢飯はもちろん、肉に使っても◎

「贅を尽くした旨みと芳醇でまろやかな味わい」が特徴の超ハイスペック酢なのです!

「山吹コーラ」レシピをプレゼント中!

10月末までにご注文いただいた方には、店頭でも大人気の「山吹コーラ」を家庭用にアレンジしたレシピを同梱いたします。

ぜひ、山吹のうまみたっぷりのクラフトコーラ風ドリンクをお楽しみください!

商品名:穀物酢
原材料:酒かす(国内製造)
保存方法:直射日光を避け、常温で保存してください。
販売者:株式会社ミツカン

動画でわかる!山吹の歴史と作り方

山吹を使ったおすすめレシピをご紹介

なすと豚バラの南蛮漬け

材料(4人分)
・豚バラ肉 薄切り 300g
・なす 3本
・片栗粉 適量
・揚げ油 適量
・塩 適量
・白髪ねぎ 適量
【調味液】
・三ツ判山吹 大さじ6
・砂糖 大さじ3

作り方
①豚肉は10cm長さに切り、しっかりめに塩をふり、片栗粉を薄くまぶす。なすは細長く切り、塩をふる。
②材料を油で揚げ、【調味液】に30分ほど漬ける。
③器に盛り、白髪ねぎを添える。

まぐろのカンタン手巻きずし

シャリは「三ツ判山吹」のルーツ。ビギナーさんに楽しんでほしいイマドキお寿司です。

材料(4人分)
・米:2合
・水:360ml
【A】
・三ツ判山吹:大さじ6
・砂糖:大さじ2
・塩:小さじ1
・まぐろ(赤身さく) :100〜150g
【B】
・三ツ判山吹:大さじ1/2
・しょうゆ:大さじ1
・アボカド:1/2個
・三ツ判山吹:小さじ1
・のり:全形2〜3枚
・貝割れ菜:適宜
・しょうゆ:適宜
・わさび:適宜

作り方
①米はといでざるにあげ、30分~1時間おいて米に水分を含ませる。分量の水を加えて、普通に 炊く。
②<A>はできれば火を通す。弱火で調味料が溶けるまで、煮立たせないように火を通す。 大きめのボウルに炊き上がった[1]をあけ、<A>を全体にかけてそのまま1分おく。うちわなどで あおぎながらしゃもじで切るようにほぐし、粘りを出さないように混ぜ、粗熱が取れるまで冷ます。
③まぐろは棒状に切り、<B>をからめる。アボカドは皮をむいて粗くつぶし、「三ツ判山吹」をからめる。
④のりは4等分の帯状に切る。 のりに[3]のすし飯を40g広げ、[4]、お好みで貝割れ菜をのせ、端からくるくる巻く。 そのまま、または半分に切って盛り付ける。残りも同様に作る。お好みでしょうゆ、わさびを添える。

ピクルス

材料(4人分)
・きゅうり:1/2本
・にんじん:1/3本
・赤パプリカ:1/2個
・黄パプリカ:1/2個
・たまねぎ:1/4個
・みょうが:2個
【A】
・三ツ判山吹:1/2カップ
・水:1カップ
・砂糖:大さじ4
・塩:小さじ1
・赤とうがらし:1本
・ローリエ:2枚
・粒こしょう(黒):10粒

作り方
①きゅうり、にんじん、赤・黄パプリカは2cm角程度の乱切りにする。たまねぎ、みょうがは5mm幅 に切る。
②鍋に【A】の材料を入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせる(目安は鍋底の気泡が液面に次々と 浮かんでくる状態)。
③保存ビンに①を入れ、②が熱いうちに注ぎ入れ、冷蔵庫で6時間ほど漬ける。

※漬けてから6時間~1週間くらいが食べ頃です。
※金属製のふたの使用は避けてください。
※一度素材を漬けた調味液は、野菜から出る水分で薄まっておりますので、繰り返し漬けること はおやめください。
※冷蔵庫に保管し、漬け始めてから1週間以内をめどに早めにお召し上がりください。

「山吹」グレープカクテル

グレープジュースに「三ツ判山吹」を加えることで、味に奥行きが出てワインのような味わいに!

材料(1人分)
・三ツ判山吹:小さじ2
・グレープジュース:1カップ
・ライム:適宜
・氷:適宜

作り方
①グラスにグレープジュースと「三ツ判 山吹」を注ぎ、軽く混ぜる。お好みで氷を入れる。
②お好みで、くし形に切ったライムを飾る。


オススメ商品