ディナーコースについて

下北沢の発酵デパートメント名物となった、とっておきのディナーコース。おうちご飯ではぜっっっっったいに味わえない、奇想天外のアイデアいっぱい、発酵の奥深さを学べる気づきいっぱい、物理的にも情報的にもお腹いっぱいのスペシャルコース、その名も「山賊の宴ディナーコース」

【ディナー営業時間】17:00~22:00 (※火曜日・水曜日定休)

完全予約制となっておりますので、ご予約の上お越しくださいませ
※現在、11月のご予約まで承っております

ディナーコース「山賊の宴」とは?

宴をしたくないですか?
山賊の宴のような、規格外のスゴいヤツを…!

今年6月からスタートした発酵デパートメントの名物ディナー「山賊の宴」。お腹にも、頭にも、めいっぱいの情報を詰め込む発酵デパートメント流のおもてなしをいたしますよ。


■ディナーコース概要【一日3組限定】
通常コース:¥6,000/人(税込)お料理のみ
ペアリングコース ¥11,000/人(税込)お料理+お酒 7〜8種

※お酒を飲まれる方はペアリングコースを強く強く強くオススメします
※お酒を飲まれない方はソフトドリンクやお茶をアラカルトでご用意しております
※お子様連れの場合、小学生以下無料、小学生以上のお子様についてはご希望を聞いてお子様メニューをご用意します

■お時間について
ご入店:17:00〜19:30(22:00時閉店)※水曜定休、火曜はディナー営業休み
※お料理+レクチャーで所要時間2時間半〜3時間ほどとなります

■レクチャーとは?
料理を出してあとはご自由に…ではなく、調味料や仕込みの方法論や発酵ドリンクの特徴、食材の地域性や歴史まで、発酵沼にいざなわれるレクチャーが付いてきます。基本、木・金曜はオーナーの小倉ヒラクによる解説付き(ご希望の方は備考欄にもご記載いただけると確実です)

■お席について
テーブル席(2〜12名)とお座敷席(2〜6名)をご用意しております。
※お子様同伴の場合はお座敷席がオススメです
※席指定はご要望に添えない場合もございますので、予めご了承ください
※13名以上でのご利用をご希望の方は、備考欄でご相談ください

■ご予約について
すべてネット上での受付となっておりますので、下記リンクからご予約くださいませ。

これでもか!な盛りだくさんメニューはこちら!

それでは気になるコース内容の説明。に入る前に、
その日の昼食は抜いてきてください。なんなら朝食も。

そして店に入る前には軽く準備体操(身体の準備)と深呼吸5回くらい(精神の準備)をしてください。
愉快さを追求したコース内容をご紹介すると、

<1の皿>発酵の宴を告げるアミューズ
謎の味噌玉と酒粕の床につけた野草アミューズとブドウの蒸留酒のペアリング

<2の皿>滋味と混乱のスープ
滋味深いアジア発酵スープと出汁スープのような酒のペアリング

<3の皿>発酵沼に引きずり込まれるオードブル
8種の調味料とフレッシュチーズ&野菜の無限テイスティング

<4の皿>山賊の宴盛りメインディッシュ
メインディッシュ。様々な発酵を施された肉魚野菜の乱舞とワイン&日本酒のペアリング

<5の皿>別腹の限界に挑戦するデザート
極端なあっさりとこってりを併置する締めのデザートと締めのドリンク

※料理のペアリングは基本的にお酒ですが、ソフトドリンクも用意しています
※季節に応じてメニューは変更になる可能性がございます


それでは、宴の内容をすこーしだけご紹介(※季節に応じてメニュー内容は変更になる場合がございます)
より詳しく知りたい!ネタバレOK!という方はこちらのレポート記事もご参照ください

【1の皿】宴のはじまり、発酵の宴を告げるアミューズ

というわけで、一皿目は「謎の味噌玉と酒粕の床につけた野草アミューズと野生的スパーリングドリンクのペアリング」。一口サイズのこちらは酒粕と味噌玉という初手から発酵づくしの一品。野草は当日の朝に収穫したものです。

【2の皿】食べるたびに味が変わる!?滋味と混乱のスープ

乾杯のあとは滋味と混乱のスープです。

一見おかゆに見えるこのスープは混ぜるたびに味が変わるというシロモノ。一口目は甘酒のような味なのに、どんどんいろんな味が押し寄せてきます。言語化が不可能なこの情報量。

【3の皿】全32通りのペアリング、発酵沼に引きずり込まれるオードブル

続いては、オードブル。

4種の味噌と4種の醤油、そして4種のお酒のペアリングです。全ての組み合わせはなんと32種類。混乱直後の頭と舌に、繊細な風味の違いを確かめさせるなんて正気の沙汰か、と思うかもしれませんが、実はこの子たち、見た目も味も驚くほど個性豊か。

違いを楽しむのもよし、名ソムリエを目指してオススメの組み合わせを考えるもよし。楽しみ方も人それぞれ。

【4の皿】山賊の宴盛りメインディッシュ

そして、お待ちかねのメインディッシュの登場です。

きっと思わず苦笑いしてしまうほどのど迫力。絶対に食べ切れない量を提供するのが最高のもてなしというローカルのお作法に則ってみました。
満腹で絶対食べきれないよ、という方もご安心ください。もちろんお持ち帰りは可能です。たくさん食べて満足したら、無理せず持ち帰りましょう。翌朝にもれなく余韻を楽しめます。

【5の皿】別腹の限界に挑戦するデザート

お腹がパンパンになったあとはデザート。限りなくゼロに近くなったお腹の余白を埋めにかかります。一休寺納豆を使ったケーキと、スイカのシャーベットに付け合わせは麹茶。

メニュー&ペアリング監修のご紹介!

■メニュー監修は南風食堂の三原寛子さん

世界各地のディープローカル料理を探求した手腕が存分に活かされた、言語化が追いつかなくて笑ってしまうスーパー美味しいメニューの数々を開発してくれました。
なおこのWEBサイトで三原さんの連載も読めます

ペアリングが大幅進化!熱燗DJつけたろうさん&料理化ユニットてとてとさん

9月からメニューをアップデート!

食事とドリンクのペアリングの解像度を高めるべく、熱燗のプロフェッショナルにしてペアリングマニアの熱燗DJつけたろうさん&料理家ユニットてとてと(井上豪希・桃子)さんの協力を得て、さらにやりすぎ&サプライズに満ちたペアリングメニューが完成。夏の第一期の時は山梨ワイン主体でしたが、今回はワインの他にも日本酒やシードル、蒸留酒など様々な酒を横断したフリースタイルペアリングをお楽しみいただけます。

「えええっ、この酒とこの食べもの、合っちゃうんだ…???」

と衝撃体験できること間違いなし!

■ノンアルペアリングは牛島絵美さん!

さらに!普段お酒を飲まない人にもペアリングの妙が体験できるノンアルペアリングもご用意しました。紅麹甘酒や発酵させた果実のシロップ、タガメのノンアルコージンや昆布出汁、発酵茶やホエーまでありとあらゆる発酵素材を組み合わせたぶっ飛びノンアルコールカクテルをお楽しみください。

一緒に開発したのは、ノンアルコールカクテルづくりのメニュー開発に定評のある牛島絵美さん。発酵デパートメントのお隣のスパイスカレー/バーADDAさんのドリンクメニューを手掛けていることを知って仕事をお願いしたのでした。牛島さんのハイパーお洒落センスと発酵デパートメントのハードコア発酵レシピが合体した強すぎるノンアルペアリングをなにとぞ…!(そしてADDAチームのみんなありがとう!めちゃサイコーのカレー屋さんなので発酵デパートメント寄った帰りにカレー食べていくのもいいよ)

他にはない体験を!ディナーコースの見どころ

【その1】美味しいだけじゃない!発酵に詳しくなれるテイスティング体験

発酵デパートメントで取り扱う、全国の多種多様な醤油や味噌の効き比べができます。帰る頃に発酵食材に対する解像度が高まり、日常の食卓のバリエーションも広がること間違いなし!

【その2】美味しいの概念を拡張する!ユニークすぎるペアリング

和食をベースに世界各国の発酵技術を組み合わせた個性の強い発酵料理には、これまた前衛的に醸された個性の強いドリンクのペアリング。普通に美味しいものは出てきません。美味しいの概念を拡張するペアリングに挑戦!

【その3】発酵の奥深さを学べるレクチャー付き
料理を出してあとはご自由に…ではなく、調味料や仕込みの方法論や発酵ドリンクの特徴、食材の地域性や歴史まで、発酵沼にいざなわれるレクチャーが付いてきます。木・金曜はオーナーの小倉ヒラクも基本おりますよ!

オーナーの小倉ヒラクより皆さんへ

一口食べたらこんな感じになってしまう愉快な料理

「えっ…そもそもなんで山賊の宴なの?」

と戸惑っているそこのアナタ!ちょっと僕の話を聞いてください。
この数ヶ月、みんなかつてないほどおうちで自炊を頑張ったと思うんですよね。料理上手な人はもちろん、そうでない人も色んな工夫をしながら朝昼晩と3食つくってきたのではないでしょうか。それはとっても尊い日々だったと思います。

それでね。そろそろ一晩だけでもその日常スケールの外に出る機会があっても良いのではないか?日常の規格外の、外食でしかできない宴やってみたらめちゃ気分爽快なんじゃないか?そんな風に僕は思うのです。

家族や気の合う友人と、腹の底から貪欲に食を楽しむ。苦しい日々になんとか先が見えてきたタイミングで、一晩のディナータイムだけ「オレら頑張ったよな…!」と奮闘をたため合う。

根城を守り抜いた山賊のごとく。

自炊の代替ではない、プロの飲食店ならではの、さらに言えば発酵のスペシャリスト集団である僕たちにしかできないやりすぎにも程がある宴にぜひ参加してください。

小倉ヒラク