【ローカル発酵食品MAP・福岡】明太子 〜オープンソースが生み出した 福岡のアメリカンドリーム〜

オープンソースが生み出した 福岡のアメリカンドリーム

博多名物、明太子。スケトウダラの卵を塩漬けにしてタンパク質をプリプリに凝固させ、醤油や酒や唐辛子をたっぷり使った調味液に漬け込むと鮮やかな発酵たらこができあがる。戦後、ふくやが韓国のレシピをアレンジして商品化した。創業者川原俊夫が元祖と名乗らず製法をオープンにしたことで同業者が次々とあらわれ県の一大産業となった。一年分の原料を一度に買い切る投資がいるが、評判になれば大きな利益をあげられる福岡のアメリカンドリームなのだ。

どう作って食べるか

①スケトウダラの卵を解凍して塩漬けにし、たらこ状にする。
②たらこを塩からあげ、水切りして整形する。
③たらこを酒、醤油、唐辛子などを混ぜた調味液に数日間漬け込む。
★調味液のアレンジの仕方でメーカーの個性が出る。やますえでは地元の醤油蔵、酒蔵の質の高いものを使っていたのでハイセンスな味。

▶食べられている地域
九州一帯

▶微生物の種類
乳酸菌類など

この記事を書いた人 発酵デパートメント

発酵デパートメントのオフィシャルアカウント。