スープのダシにも具材にもなる反則技<潮かつお>

平たく言えば、カツオの発酵生ハム。
内蔵を取ったカツオを一本まるごと潮に漬け込み、そこから干してじっくり味を凝縮していく。
最終的にできあがるのは、スペインの生ハムのごときかぐわしき発酵ブツ…!

そんな潮かつおを、薄くスライスにしたものがこちら。
わりとしょっぱいので、そのまま食べるなら酒のアテ。ネギ油やラー油、卵と組み合わせて韓国料理っぽく味わうのもいい。

オススメなのは網で軽く炙ってから熱湯に注いで即席スープをつくること。
風味あるダシと、やわらかく旨味のあるカツオの具材の一石二鳥。
そこにゴマとかノリとかトッピングした日には…

西伊豆の長いカツオ漁の伝統が生んだローカルテイストを味わう!べし!!