秘伝の琉球宮廷レシピ!南洋の発酵チーズ<豆腐よう>

泡盛とセットで楽しむ、甘くて旨くてかぐわしい、ウォッシュチーズ状の発酵珍味。

島豆腐を納豆状にしたものを、水のかわりにアルコールで醸した塩麹に漬ける。中国西南部から台湾の発酵豆腐のつくり方の系譜に連なるユニークなレシピです。

このうりずん琉球物産のレシピは、琉球王朝の宮廷料理人たちの秘伝のレシピ。
つまり戦前に沖縄のローカルの人々がハレの日に食べていたもの。日常に食べるのはコウジカビを使う白い豆腐よう、お祝いの時はベニコウジカビを加えた赤豆腐ようと用途に分けてつくり変えていたらしく、現在のように赤い豆腐ようのレシピが定着したのは、本土復帰した80年代以降、ご当地物産品開発がきっかけと言われています。

ちなみにこの豆腐よう、ご飯にかけて食べるのとめちゃ美味しい。アクセントに唐辛子をベースにしたかんずりを加えるとアジアの屋台飯のような風情に仕上がりますよ。


原材料名:豆腐(大豆、食塩)、米こうじ、水飴、食塩、酒精、ベニコウジ色素、塩化マグネシウム、硫酸カルシウム
内容量:3個
保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください
製造者:株式会社琉球うりずん物産

※開封後は冷蔵庫で漬け汁ごと密封容器に入れて保存ください。漬け汁に酒精分が含まれていますので、冷蔵庫での保存で長期保存できます。

同じカテゴリーの商品

発酵MAGAZINEHAKKO MAGAZINE

発酵チャンネルHAKKO CHANNEL