花の香り漂う高貴な<辻生しば漬>

京都の大原地域で800年継承されたリアルしば漬け。
赤紫蘇とナスと少量の塩だけでじっくり熟成させたら、なんと花のような香りがするではないか!

今までしば漬けだと思っていたものは一体何だったのか…
と思うこと必至のピュアな発酵ブツです。

お茶漬けはもちろんご飯にそのままかけて、さらにはこれだけで日本酒を飲むことすら可能。
もうしば漬けなしの生活には戻れない…!

原材料名:赤紫蘇、ナス、塩

生しば漬けの魅力をさらに知りたい方はこちら!

毎週月曜日19:30~生配信中の「発酵ショッピングチャンネル」にて、生しば漬けを紹介。
歴史的な背景や美味しい食べ方などについて、発酵デザイナー・小倉ヒラクとスタッフのかしまし娘・こんどうりさが語ります。

[内容紹介]
・しば漬けの原料とはナス赤紫蘇
・添加物は塩だけ乳酸発酵のみのシンプルな製法
・ローカル漬物がなぜか全国に流通! 時代の波に乗ったローカルフード。
花のような香りの”リアルローカルしば漬け”
お茶漬けに、ポテトサラダ!? おすすめレシピの紹介