乳酸発酵の酸味と旨味が詰まりすぎて困惑する<碁石茶>

高知県大豊町のカビ×乳酸菌ダブル発酵茶。
爽やかな酸味と旨味が同居し、かつプーアル茶のような熟成感まである衝撃の味。

普通に煮出して飲んでも、冷やしても、お茶漬けでも美味しい。

内容量:20g
原材料:後発酵茶(高知)

碁石茶の魅力をさらに知りたい人は!

毎週月曜日19;30~生配信中の「発酵ショッピングチャンネル」にて、碁石茶を紹介。
歴史的な背景や美味しい食べ方などについて、発酵デザイナー・小倉ヒラクとスタッフのかしまし娘・こんどうりさが紹介します。

[内容紹介]
・碁石茶は日本では珍しい微生物発酵茶
高知の山奥でしか作られていない激レア茶!
カビ発酵と乳酸発酵のW発酵から生まれる独特の旨味
・古来から大名などにもお茶漬け用の品として珍重されていた
・女子にはおすすめの碁石茶ミルクティー

同じカテゴリーの商品

発酵MAGAZINEHAKKO MAGAZINE

発酵チャンネルHAKKO CHANNEL