今月の乾杯セット 青ヶ島スペシャル「あおちゅう」飲み比べセット

  • ¥1,000
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


※完売しました!ご注文いただいた皆様には1/20以降発送いたします。

毎月オンライン配信に合わせてセット販売をしている「乾杯セット」。

今回は人口わずか160人の青ヶ島で生まれた、日本の焼酎文化のルーツを感じさせる「あおちゅう」の2本セットです!

青ヶ島スペシャルということで、2本セットを特別価格で販売!ぜひ、青ヶ島の気候風土を生かした、他にはない「あおちゅう」を体感してください。

オンライン乾杯配信

配信日:1月28日(金)19:30-20:30
視聴方法:どなたでもご覧いただけます/アーカイブでも視聴可能予定
視聴リンク先:https://youtu.be/NstgXoDZ1JM

出演:奥山晃(青ヶ島酒造 杜氏)/小倉ヒラク(発酵デパートメント)

オンラインにて乾杯配信を行います!青ヶ島酒造にて杜氏を務める奥山晃さんをゲストに、小倉ヒラクが実際に青ヶ島で見た醸造現場や、独自の歴史文化などをお話しします。楽しみ方や味の違い、製造工程など、作り手から直接解説を聞きながら、一緒に乾杯しましょう!

青ヶ島スペシャル「あおちゅう」飲み比べセット

\先着15名は特別価格でお届け!/

あおちゅう 奥山直子 300ml/あおちゅう 菊池正 300ml 各1本ずつ
小倉ヒラクがセレクトした2種類の「あおちゅう」を特別価格でお届けします。杜氏によって異なる味わいをお届けします。乾杯オンライン配信もあわせて、作り手からの解説とともにお楽しみください。

■15名限定!特別価格セット
通常価格2本で3,770円のところ→1,000円(税込)

■売り切れ次第終了!割引価格セット
通常価格2本で3,770円のところ→2,500円(税込)

※送料は別途かかります。
※お届け先1件につき1セット限定となります。

【購入前の注意事項】必ずご一読ください

  • 特別価格、割引価格で購入される方には、アンケートと乾杯写真をお送りいただきます。尚、それらをお送りいただきましたら、発酵デパートメントECショップで1年間使用可能な500円クーポンをお送りします。
  • オンライン配信を是非ご視聴いただき、ご質問やご感想をお寄せください。
  • 転売行為を目的としたご注文に関しましては注文のキャンセル、今後のご購入を中止させていただきます。 

火山島のおたのしみ、青ヶ島のあおちゅう

 伊豆諸島・八丈島の南に位置する、人口わずか160人の青ヶ島には日本の焼酎文化のルーツを感じさせる「あおちゅう・青酎」という酒があります。これが実に味わいのある、素晴らしい文化なのですね。



原料も微生物も自給自足

 50年前には数ヶ月に一度連絡船が来るだけという青ヶ島。水源がないので稲作もできず、麦とサツマイモを細々と自作して食いつないできました(あと海産物)。「あおちゅう・青酎」はそんな厳しい制限のなかで生まれた発酵文化です。
 では今も続く伝統製法を説明しましょう。仕込みの時期は秋過ぎ、サツマイモの収穫とともに始まりス。寒い時期に栽培して備蓄しておいた大麦を蒸し、そこに火山岩の森に生える、オオタニワタリという熱帯植物をかぶせます。すると葉についた黒いカビが麦に移って真っ黒い麹ができる。そこに砕いた生のサツマイモと雨水を加えて野生の酵母で発酵させ、ワイルド極まりないもろみに。それを蒸留すると高アルコールの焼酎ができます。わずかな耕作地を二毛作にし、寒い時期に麦、暖かい時期にイモを育てる。発酵に使う微生物も島内から。原料も微生物も自給自足という、ローカル発酵食の鑑ではありませんか…!



今も残る自家製の面影

 なんともおおらかな「あおちゅう・青酎」、日本の蒸留酒文化の伝統である薩摩焼酎や琉球泡盛とは違う、非常に原初的な製法、もっといえばお母さんの手づくりスタイルと言えます。歴史を辿ってみるとだな。江戸時代、青ヶ島のおとなり八丈島に流刑にされた薩摩商人、丹宗庄右衛門(たんそうしょうえもん)が中国大陸から渡来したサツマイモを使った最新の醸造法を持ち込んだのが始まり。それが青ヶ島にも伝来し、米がない環境でもできるホームブルーイングとして普及します。しかし八丈島では明治以降、近代的な焼酎製造にアップデートされ江戸のワイルドスタイルの醸造法は姿を消しました。しかし!そのワイルドスタイルが残ってしまったわけなんですね。青ヶ島の焼酎醸造所は、代々自家醸造の文化を守ってきた家族たちが出資しあってできた組合スタイル。各々が好みの製法で、独特の酸味と花のように香る島の焼酎を醸し続けています。火山の熱で蒸した芋にカツオの塩辛をつけて「あおちゅう・青酎」をクピッと一杯。ああ、幸せだなあ…

(by 小倉ヒラク)

島好きスタッフがオススメ!それぞれの「あおちゅう」

①奥山直子
あおちゅうの特徴である香ばしさと酸味の余韻が程よく感じられる、バランスのとれた味わいです。これぞあおちゅう!という王道な味わいです。あおちゅう初心者の方や、まずはこれ!という1本目にオススメです。

②菊池正
菊池さんのつくるあおちゅうは「古酒しか出荷しない!」というこだわりが特徴。他のあおちゅうに比べて香ばしさの他に甘い香りがし、角が取れたウィスキーのようなまるい味わいです。お酒の強い方はぜひまずは割らずにそのまま舐めてみてください。余談ですが、菊池さんはとってもカラオケが上手です。


品目:芋焼酎
原料:さつまいも・麦麹
麹菌:自然麹
製法:丼仕込製法
アルコール度数:30度
容量:300ml×2本
製造元:青ヶ島酒造合資会社(〒100-1701東京都青ヶ島村無番地)

【注意事項】これはお酒です。
・飲酒運転は法律で禁止されています。
・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
・未成年者の飲酒は法律により禁止されています。


オススメ商品