土と種の味がするぶどう酒〈2本セット・送料込み〉

土と種の味がするぶどう酒〈2本セット・送料込み〉

  • ¥5,000
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


大人気のオリジナルワイン!

発売3年目となる、発酵デパートメントとマルサン葡萄酒のオリジナルワイン「土と種の味がするぶどう酒」。

ぶどうの出来や収穫量によって、製造できるボトルの本数が変わってくるワインですが、今年はオーナー小倉ヒラクもびっくりするほどの収穫量。「何年かここへきているけど、ここまでたくさんの大きなぶどうがなっているのは初めて見た!」と話していました。

2021年に販売した「土と種の味がするぶどう酒 2020」400本は、数ヶ月で完売し、遠方にお住いの方にはなかなかお届けできませんでした。今年は豊作のおかげもあって生産本数を大幅に増やせそう!ということで、オンラインストアでも2本セットにて販売いたします!

※お届けは4/27(水)以降順次、発送を予定しております。
※他商品との同梱はできません(別便での発送となります)

ぶどう狩りの様子はこちら

ワイン「土と種の味がするぶどう酒」とは?

「土と種の味がするぶどう酒」は発酵デパートメントのオリジナルワインとして2020年に発売して、今年は3年目。

ピンクがかった甲州ぶどうの皮の色が出て、ややオレンジがかった色合いが特徴です。味わいは、ぶどうのフルーティさだけでなく渋みや旨みが感じられ、淡麗で酸味のきいた甲州ワインに親しんでいる方は、どっしりした味わいに少しびっくりするかもしれません。

甲州ワインはぶどうをやさしく絞って果肉の部分のみから果汁を絞るのに対し、「土と種の味がするぶどう酒」はその逆。皮や種も含めてぎゅっと果汁を絞って作っているそうです。

詳しい記事はこちら

5/7(土)イベント開催!

リリースを記念し、2019、2020に続き3年目となる今年は、マルサン葡萄酒代表の若尾さんをゲストに、発酵デパートメントのオーナー小倉ヒラクとイベントを開催。限定人数とはなりますが、発酵デパートメントにて、若尾さんのお話を聞きながら楽しくワインとおつまみをお楽しみいただける会となります。

さらに!若尾さんのご厚意で2019と2020の「土と種の味がするぶどう酒」を特別にご提供いただきました。バックヴィンテージの飲み比べはここでしか体験できませんので、ぜひご参加くださいませ!

お申込みはこちら

開催概要

  • 日時:5/7(土) 17:00〜19:00
  • 場所:発酵デパートメント(下北沢駅から徒歩4分)
  • 定員:12名様(要予約)
  • 参加費:3,000円(税込)/名
    ※ワイン4種飲み比べ/おつまみを含みます
  • 予約締切:4/25(月)23:59まで

19:00〜は角打ちも!
イベント終了の19:00以降は、参加無料/予約不要の角打ちも開催。
引き続き、若尾さんと小倉ヒラクも参加しますので、飲み足りない&話し足りない方はぜひそちらにもご参加くださいませ。

土と種の味がするぶどう酒

土と種の味がするぶどう酒

原材料名:ぶどう(山梨県産)/酸化防止剤(亜硫酸塩)
内容量:720ml
アルコール分:12%
製造者:マルサン葡萄酒 山梨県甲州市勝沼町勝沼3111-1


【注意事項】これはお酒です。
・飲酒運転は法律で禁止されています。
・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
・未成年者の飲酒は法律により禁止されています。

オススメ商品